小児科一般・アレルギー科・内科・漢方・予防接種|えんどう桔梗こどもクリニック

漢方

漢方治療について

漢方は植物や鉱物などの生薬を組み合わせた薬で
1人ひとりの体質や病態に応じて治療します。

西洋医学と漢方治療

現代の西洋医学は、原因不明の病気に対して治療は対症療法しかありません。また、冷えによっていろいろな支障を生じますが、西洋医学では冷えを病気と見なしません。

一方、漢方薬治療はひとりひとりの病態に応じて治療します。
冷えも軽くできます。炎症、気力の衰え~過剰、血液循環の障害、水分の過剰~不足などの病態に対処するのであらゆる病気に適応できます。
低気圧で生じる頭痛のため長期にわたり鎮痛薬を飲んでいる方や、血液循環が悪くて軟膏を塗っても治らない湿疹(特に顔の赤み)で悩んでいる方がけっこうおられますが、こういった方も治療できます。

冷え、疲れ、倦怠感、気力がわかない、風邪をひきやすい、イライラ、不安感、不眠、頭痛、発熱、肩こり、消化できない、便秘、生理痛、関節痛、腰痛、なおらない湿疹(特に顔の赤み)
などでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

お子様にも漢方薬を飲みやすく

当院では、上手な漢方薬の飲ませ方も合わせてお伝えしております。

診療時間 午前 午後
9:00〜12:00 14:30〜18:00
9:00〜12:00 14:00〜16:00(乳児健診)
16:00〜18:00(専門外来)
9:00〜12:00 14:30〜18:00
9:00〜12:00
9:00〜12:00 14:30〜18:00
9:00〜12:30
日・祝

休診日:日曜・祝日・第2第4木曜日